« 2004年10月24日 - 2004年10月30日 | トップページ | 2004年11月7日 - 2004年11月13日 »

2004年11月 6日 (土)

ラテな話

午前3時

深夜、橋の上でラテを飲む怪しげなヤツがいた!

イェイ!

それは、もちろんヲレだ!

ラテってイイね!

所詮、マウントレーニアなのだが、イイ!

コーヒー
 何か嫌いだし
紅茶
 モノ足りない
お茶
 じじいの飲みもんだべ、ヲレまだ若いしー
ラテ
 何かイイんじゃね?

スタバでのラテとの邂逅より、ラテ最高な感じ。

しかし、インスタントラテはまずった。

何かが違う。

何か、ココアっぽい。
ラテコアって感じ。

しばらくしたら、会社でも3時くらいに
「茶の時間だ!」
ってわざと聞こえるように言いながら、
ラテの置いてある自販機に行くつもりだ。

ラテ最高!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月 5日 (金)

頭痛な話

頭痛のお供にバファリン♪
なんだか、最近、バファリンLOVEな日が続いてる。

ってゆーか、何で頭が痛いんだー!

それはお仕事がキツイからYo!

Yo! Yo! Yo! Yo! Yo! Yo!

おまけに、腰痛。

イェイ!

今日のBGMは、カイギ第6笑。

音が消えるほど、仕事に集中したっぺ。

心に暗雲立ちこめる今日この頃。

空を眺めると胸が空く。

ぽっかりと穴が開いているようだ。

不足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月 4日 (木)

お化けな話

心霊写真
怪奇現象
怖い話
不思議な話

そういった、妖しげな話は好きだが、
今までそういう現場にお目にかかったためしは無い。
本当にあるの?

小、中学生の頃は、神話や悪魔の話や、
怖そうな小説を良く読んだモノだ。
おもちゃ売り場で「何か買ってやる。」という
おじいさんに対し、「コレ!」と言って
モンスター双六なるモノも買ってもらったなぁ。
今は、恐れ多くも心霊スポットには良く行くし、
そこで写真を撮るが全然出ない。
ってゆーか、出ろよ、出てこいや!

最近では、耳袋を通して数百話読むが、出てこねえ。
話中の作者は何度も災禍に見舞われるし、
読者、関係者も何らかの目にあっているというが。

何故、出てこない?

何かフラグが要るの?

ってゆーか、避けられてる?

別に見えなくても不都合は無い。
だけど、それじゃあ人生面白味に欠けるってもんだ。
何か寂しさすら感じる。

が、この手の話をする度に、
周囲の人たちはお化けや怪異に対して
畏敬の念や恐怖を抱いているのがわかる。
彼らは別に、被害に遭ったわけでもなく、
畏れを抱いている。
相手がはっきりと直接何かを及ぼすモノでも無いのに、
畏れている。

この辺りが私にはわからない。

しかし、彼らを否定するつもりも無い。
何かを畏れ敬うそれは文化の一つでもあり、
ぞんざいに扱ってもいけない。
むしろ大切なモノであり後世に残して欲しいモノである。

それを踏まえたうえで、私は、
神霊、悪霊の類より、
余程、生きている人間の方がこわいのだ。
凶器を手に、頭を叩かれれば怪我するし、
死ぬかも知れない。
刃物で刺されれば、失血死、ショック死する可能性は高い。
車やバイクに轢かれれば、怪我どころではすまない。
私にとって、不可解な何かより、
現実にある危機の方が恐怖を感じる。

昔、ある馬鹿な子供がいて
「TVアニメみたいに、頭の周りに星がでるのみたいから、
頭叩いて?」
なんて母親に言うヤツがいた。
そうだよ、ヲレだよ。
その願いは、数年後にじいさんのストレートで叶うのだが、
俺ニャこの手の類のモノが見れないのかな?
見れないんだろうな。
感じないんだろうな。

ぢゃ、見れる人との違いはなんじゃろ。
何か感じる人との違いはなんじゃろ。
同じヒト規格の生物なのに、
つまらないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月 3日 (水)

バーベキューな話

今日は薪を手斧で割っていた。
炭火焼きしようとしてんだけど、
炭になかなか陽が入らない。
火力をゲットするべく、
薪を割って火をくべているのである。

いつもバーベキューでは
スウィーパー(=喰う人)のポジションだが
今回は薪割りというお仕事がもらえて
何か仕事したって感じ。

20本くらいある薪を細かく割ってく。
手を切らないように割ってく。
手斧なんで手に当たろうものなら
ザクっと斬れます。
慎重に、カッコン、カッコン割ってく。

木目に沿って割れ目を入れ、
そこを起点にザックリ。
うわぁ、コレ、人に当たったらヤバイよ。
ザックリ逝っちゃうよ。

こんな小さい手斧でも、ザックリいっちゃうんだから、
太刀とか槍や斧なんかもっとすごいんだろうな。
はぁ、昔の人はよくそんなので戦ってたなと
戦国時代に想いをはせる。

なぜ戦国時代?

そういや、なんで、バーベキューって言うんじゃ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月 2日 (火)

進化な話

慣れというものは恐ろしいモノで、
毎日オヂサンたちに文句を言われ続けると、
それに苦もなく対応できるようになってしまった。

ちょっと前までは、もうどうにかしてと、
考えてきたことがとるに足らないモノだと悟った。
文句に対するストレスも軽減され、
普通に処理できるようになった。

あぁ、嬉しいやら哀しいやら。

今までは、チンプンカンプンだったオヂサンたちの言葉も
意味を無し、自分の頭の中で再構築できるようになってきた。
ただし、油断や過信はしない。
着実に事を進めるべく、いろいろな手を尽くす。

昨日までの自分とは別の生き物になってしまった感じがする。
サラバ、昨日までの自分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月 1日 (月)

回顧な話

久しぶりに、DVD-RAM をドライブに挿す。
十年近く前のデータが残ってた。

過去の自分が何を考え、どうしていたか、
そんな様子がうかがえた。

果たして、今の自分は、
いつか、なりたかった自分なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月31日 (日)

魔の交差点な話

(´ヘ`;)ハァ ツカレタ

休日出勤から帰ってくると

「自宅」付近で

なんか、モクモクしたものが....

~~~~~~~~~~~
もくもく
     もくもく
          もくもく
~~~~~~~~~~~

家の前の「魔の交差点」で
また事故が起きたみたい。
うーむ、この前だか先月だか
死んだ人の
霊が呼んだのか?

本当に何人も死んでるし、
何人も事故を起こしている
自宅付近の

魔の交差点!

私はそこ
毎日通ってんだけど
良く生きてるなぁ。

\(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月24日 - 2004年10月30日 | トップページ | 2004年11月7日 - 2004年11月13日 »