« 2004年10月10日 - 2004年10月16日 | トップページ | 2004年10月24日 - 2004年10月30日 »

2004年10月23日 (土)

長い夜な話

その日は、月が怪しい光を放っていた。
湾岸道路を走っていると、
金色の月が次第に鈍い色へと移ってゆく。

車中、止め処もないくだらない話を続ける仲間達。

東京→神奈川→西東京→埼玉→東京
と走ってみれば

「○○戦隊○○レンジャー!」

朝になってるではありませんか。

ふぃー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月22日 (金)

ダースベーダーな話

ずっと前に電波少年で、0部長?だっけ。
その人が出てくると、ダースベーダーのテーマが流れてくる。

似たようなオヂサンがいて、
「スターデストロイヤー」
に拉致されました。

ジャン ジャン ジャン♪
ジャン ジャ ジャン♪
ジャン ジャ ジャン♪

ライトセイバーも無く丸腰で、
あの黒い奴と戦う。
ふぃー。

ってゆーか、何か、もう、お友達?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月21日 (木)

光の戦士な話

光の戦士
それは選ばれし勇者

光の戦士
それは堂々たる者

光の戦士
それは輝きを放つ者

光の戦士
それは...













































つるっぱげのオヂサン達のことだー!

君も会社で、光の戦士を探してみよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月20日 (水)

禁酒な話

ここんとこ、体の調子が悪いので
日常的に飲んでたビールを
自主的に断つ。
つらいッス。

週末に飲んでもいいけど、
ガブ飲みしそうだ。
やめておこう。

しばし、さらば、ビール(T.T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月19日 (火)

ごんろくな話

両国のつけ麺や「ごんろく」に6日連続で通う儀式
その名も
「魂陸!」
↑この漢字いま考えた。

過去、2度挑んだが失敗に終わった。
だが、男(≒馬鹿)なら制覇しなければならない!

魂陸の掟
 一日一トゥケ
 大盛り(めん440g以上)を食べること
 特盛り(めん550g以上?)を1回以上は食べること
 毎回領収書をゲットしてくること
 つけ麺に感謝すること
 達成した暁には「ごんろく様でした」と言ってもらうこと

魂陸!スケジュール
11月決行!
  16日(火) 魂壱
  17日(水) 魂弐
  18日(木) 魂参
  19日(金) 魂死
  20日(土) 魂伍
  21日(日) 魂陸

今度こそやるぜ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004年10月18日 (月)

仕事な話

前置き、先日のこと。
Aさん「みきTくんは○○の仕事をしたいなんて言ったの?」
私「いいえ。」
Aさん「そうだよねぇ。よしっ、それで行こう。他に仕事たくさんあるし。」

すでに、頭が痛くなる仕事がいくつかあるのだ。
これ以上は、許容範囲外。

数日後の今日。
Aさん「ちょっとおいで。」
私「はい。」
Aさん「あのねぇ、○○の仕事頼みたいんだけど。」
Bさん「もう、お前しかいねぇんだよ。」
Aさん「外注さんがもういっぱいいっぱいでねぇ。」
私「えーぅ。」

あぁ、そうですとも、マジで「えーぅ」って言っちまいましたよ。
手のひら返しもいい加減にしてもらいたい。
何か、うしろからブスリと刺された気分。
まぁまぁ、外注さん以外誰もできないから仕方ない。
誰もできない?
やばいんじゃないの?
馬鹿じゃなければ、プロなら時間があれば覚えられるスキルだよ。
そこのインターネットしてる、Cさんやってよ。
暇なんでしょ。
って、えーぅ遊んでるよCさん。
いつもの事か。
えーぅ。
会社の先行きに不安を感じる。
ってゆーか、私はヘタレだよ、根性も無いよ。
そのヘタレに頼ってていいの?
ヘタレを超える、超ヘタレのみなさん、頑張ってください。
私のために。
頑張らないなら、去ね。
その前に、引継資料作ってから去ね。

一時間後、関係者による勉強会が始まった。
私はスキルがあるが、さすがに内容をレクチャーしてもらわないと
仕事は成り立たない。
大先輩のEさんに内容を教えてもらうんだけど、
なんでDさんがいるの?
ちょっと気分的に邪魔なんですけど。
やりにくいんですけど。
やっぱし、ちょっとどころじゃなくて邪魔なんですけど。
そもそも、あなたが元凶なんですけど。
文句いってますけど、そこんとこわかってます?
また、早く作業を終わらせたかったら、あっち行っててください。

さりげなく、
「この辺にパーティション欲しいですよね?」
と私が言うと、前任者のFさんは苦笑する。

どうせDさんがいるならと、
Dさんが今後すべき事を
敬語で刺々しく言った。
しかし、理解したくないようだ。
目がそれを物語っている。
あぁ、そうですか。
日本語で言ってもわかってもらえませんか。
こういう言葉が通じない人は苦手だ。
窮地なら、文句言ってる場合じゃないでしょ。
時間の無駄。
解決策考えましょうよ。
とりあえず、じゃなくて、もっと根本的な対応をね。

Dさんは、何のためにここにいるんだろう。
暇なのかな。
邪魔だな。
お口にチャックしてください。
早くアッチ行ってくれよう。
何て思いながら、勉強会は終わる。
さすがに、大先輩の講義は大いに実りのあるものだった。

頑張らないけど、やることはやるか。

頑張りに比例して給料上がらないし。
ほめてくれるんなら、給料上げてちょうだい。
いや、マジでそこんとこよろしくって感じ。

しかし、コレ。
結構時間かかりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月17日 (日)

不眠症な話

眠りの周期を戻すため、7時起床。
土日は、日中なぜか勝手に眠ってしまうときがある。
ドライブに行けば、緊張のせいか起きていられる。
しかし、在宅中は機能停止してしまう。

また、昼寝してしまった。
起きたら、ゲームの画面をそのままに、
コントローラを握りしめ、
眼鏡をかけて寝てしまったらしい。

仕事で疲れてんのかね?
これじゃ、おぢさんだよ。

起きると体が重い重い。
なんか病人みたいだ。
しばらく酒をやめるか?

して、午前2時、未だ眠れない。
横になって体を休めているが、無理。

うひょー、むきー、むきょきょ、うきゃきゃー!
と奇声を発してみるが駄目だ。

また、横になって体を休めてみることにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月10日 - 2004年10月16日 | トップページ | 2004年10月24日 - 2004年10月30日 »